【英語】のアフタースクールが大人気!その理由は「○○」にあった!

【英語】のアフタースクールが大人気!その理由は「○○」にあった!

なぜ「○○」のアフタースクールが人気でしょうか?そこには受験を考えた末の対策がありました。アフタースクールは、受験の要素も取り入れているのです。そのため「預かり」と「学び」が同じ時間で実施を求められてきています。 まずは最重要の科目「○○」の現状を知っておきましょう。


英語のアフタースクールが増えています!

全国で英語アフタースクールが増えています。
では、なぜ英語アフタースクールが増えているのでしょうか?

そこには、「○○」のための理由がありました。

2020年文科省は、学習指導要領を改定

大学入試なども変わり、受験も大きく変わりました。
カリキュラムも探求型と呼ばれる「自分で考えて、仮説を導き、検証して、課題をさらに見つけていく」学びになっていきます。

その中で、一つの教科が1年生から大学まで学び続けることになりました。

それがこちらの教科です。

英語は、1年生から大学まで学び続ける

今、お父さん、お母さんの年齢の方は英語は中学校から学んでいます。
しかし、グローバル化の進展で英語が小学1年生から学ぶことになりました。

英語を小学1年生から、は、メリット・デメリットが指摘されています。

しかし、一つの事実は変わりません。
それがこちらです。

英語は、中学校受験で必須になる。

英語科目の試験優先度が上がると考えられます。

中学受験の科目に「英語」が入ってくるのです。
特に暗記系の科目としてではなく、「話せる、プレゼンできる」という実用的なコミュニケーション能力の英語力を評価するようになってきています。

そう考えると英語のアフタースクールに通学させる保護者の狙いのひとつが見えてきます。

中学受験でも英語対策にもなる英語アフタースクールが便利!

インターナショナルスクールに通うより、放課後に英語アフタースクールに通うダブルスクールの方が、お子さんの未来の選択肢が増えることになります。

だからこそ、英語アフタースクールは人気になっています。

中学受験を考えているご家庭であれば「英語アフタースクール」は、将来のために準備をしておきたいですね。

この記事のライター

関連するキーワード


英語アフタースクール

最新の投稿


英語の学童保育が急増!そのワケとは?

英語の学童保育が急増!そのワケとは?

2000年以降、英語で学童保育をしてくれる「英語学童」が急増しています。 実は、英語学童が急増している理由には、ワケがありました。2020年に文部科学省の学習指導要領に「外国語活動」が導入されました。その後、段階的に「英語」の科目になります。今後早い私立学校では、英語科目を導入しています。実は、英語学童のニーズの裏には、「中学受験」を見越した受験戦略があるのです。


【効果】「ひとりっ子」の能力は、アフタースクールに通わせるとさらに伸びる。

【効果】「ひとりっ子」の能力は、アフタースクールに通わせるとさらに伸びる。

「ひとりっ子」のコミュニケーション能力を上げるコツは、アフタースクールにヒントがります。アフタースクールは、異なる年齢の生徒と一緒に過ごすため、リーダーシップや思いやる心、交渉能力などが自然と育まれます。ひとりっ子だからこそ学童保育、アフタースクールの持つ多様な環境をお子さんの成長に繋げたいですね。


【経営】アフタースクールで独立しよう!

【経営】アフタースクールで独立しよう!

塾でも、英会話スクールでも、そろばんでもない「アフタースクール」で独立しよう。生徒の放課後を担う重責ですが、良いスタッフがクラスマネージメントすると生徒、保護者にとって素晴らしいスクールになります。


【都立大】東京インターナショナルスクールのアフタースクール新規開校

【都立大】東京インターナショナルスクールのアフタースクール新規開校

東京インターナショナルスクール都立大学アフタースクールが2019年11月から新たに開校することになりました。英語探求型のアフタースクールです。コースは、学童保育コースとカリキュラムコースがあり、対象は、年中から小3年生まで。週3日以上の通学を予定しています。


【サマー】UWC ISAK Japanのサマースクール生徒募集!

【サマー】UWC ISAK Japanのサマースクール生徒募集!

日本を代表するUWC ISAK Japanが13歳から14歳を対象に開催されます。長野県軽井沢町にあるISAKは、国際バカロレア認定校で多くの生徒が海外に進学します。13歳、14歳のお子さんがいるご家庭は、ぜひ英語のサマースクールを考えてみたいですね。